top of page
検索
  • 執筆者の写真belive in yourself_巌香奈

「更年期が怖い」人が多すぎる件

更新日:2021年1月6日

40歳を過ぎると、耳にする「更年期」。漠然と「なんか、怖い」「調子が悪くなるんでしょ」「鬱になるんでしょ」「ほてったり、眠れなくなったりするんでしょ」等など、私の周りではかなり怖がっている更年期怖いよ病の方が多いです。でも、そんなに怖がらなくて大丈夫。今は良い時代に生まれているから。今日はそんなお話しです。


そもそも更年期って何ですの?

更年期とは、45歳から55歳の閉経前後10年位の期間のことを指します。日本人女性の閉経の平均年齢は50.5歳と言われていますが、早い人は40代で閉経するため、個人差が大きいと言えます。更年期、更年期、というのはあくまで期間のことなので怖がる必要がありません。


じゃあ怖いのは何?それは更年期障害。

更年期障害というのは、先に述べた更年期の間に起こる不調を多くは指します。

その不調のレベルも個人差がめちゃくちゃ大きいわけです。症状を大まかにわけると以下のような分類にわけられます。東洋医学的には不定愁訴(ふていしゅうそ)と言われます。

更年期障害の症状。ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、発汗など、めまい、動悸、胸が締め付けられる感、頭痛、 肩こり、腰や背中の痛み、関節の痛み、冷え、 しびれ、疲れやすさなど、気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ、情緒不安定、不眠など
※日本産婦人科学会HP参考

おそらくこの恐怖は、これらの症状がおよそ10年間も続くと多くの女性が考えていることにあると私は考えています。


なんでそんなイロイロ症状が出るの?

更年期障害の不調の鍵を握っているのが「エストロゲン」つまり女性ホルモンです。


エストロゲンは3種類あり、エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)があります。中でも活性が強いのがエストラジオールです。

エストロゲン(エストラジオール※以下よりエストロゲン)は骨を丈夫にしたり、肌をきれいにしたり、血管を柔らかくしたりなど、体にいい働きをもたらしてくれるのです。

そんなエストロゲンは卵巣から出ています。私たちのエストロゲンを作らせているのは、脳(視床下部)からの指令です。


正常な場合は、月経がきて、卵巣の中から卵が1つ排卵されて、というサイクルが繰り返されていきますが、年を重ねていくと、その卵の貯蔵庫である卵巣の中に在庫がなく「あ、もう排卵できないんですけど・・・」という状況なのにもかかわらず「早く排卵してホルモン出して、私に報告して!!」と脳がトップダウンで指令を出し続けてくるわけです。報告されるまで指令出し続ける、まさに鬼上司。

卵がないのに、卵巣は指令を受け続ける、でも脳はホルモンがいつまでたっても報告(分泌)されないのでパニックパニック。

ということで、先に述べたような、ほてり、のぼせ、ホットフラッシュのような症状が出てきたり、眠れなくなったり、と色々な症状を引き起こすわけです。

「更年期障害、10年も?怖い~」ではない。

「てことで、更年期障害の症状を10年もガマンしないといけないなんて!耐えられない・・・ガクブル」という人が多く、なんとか、更年期障害にならないようにしたい!!と必死になって方法を探しているように思いますが、更年期自体はどの女性も迎えます。ただ、何か症状が現れた時に10年耐えないといけないのか、というのは間違っていて、辛かったら病院にいって相談しようよ、ということです。


不調を改善できる方法「あるよ!」


出なくなったエストロゲンは外から補うことで悩ましい症状は抑えることができます。

婦人科ではホルモン補充療法をやっていて、飲み薬や貼薬などで補充することができます。

病院にいくほとでもない症状の場合で、セルフケアでなんとかしたいという人は最近エクオールという、大豆イソフラボンの中に含まれるダイゼインが変換されて作られる女性ホルモン様成分を補えるサプリメントがおすすめです。


女性ホルモンと同じような働きをする成分が摂れます。厳密に言うと、エストロゲンは受容体にはまって、初めて力を発揮してくれるわけですが、エクオールはエストロゲンの受容体にはまって、エストロゲンと同じ働きをしてくれます。又、価格的には一般的に4,000円前後で販売されていることが多いようです。


ただ、婦人科の先生が言うには、エストロゲンの受容体(エストロゲンが機能的に働くためのポケットというか、スイッチみたいなもの)にはαとβという種類があり、α受容体のある子宮以外にも他の体のあちこちに存在しています。


エクオールは、受容体のβである脳、骨、心臓、大腸、膀胱にあるエストロゲン受容体にはまるらしいです。

実は受容体αがある乳腺や子宮の受容体にははまらないので、子宮ていがんのリスクなどを上げるなどの悪影響がないと言われています。


先生いはく、ホルモン補充を治療の選択肢としてチョイスするのならば、お薬のほうが3割負担で月2500円くらいなのでお安いよとおっしゃっていました。


エクオールがおすすめな人は?

エクオールがおすすめな人は、

ホルモン補充治療を受けたくても乳がんで受けられない人や、セルフケアとして取り入れたい人だそうです。

既にお薬をとっているひとは、エクオールの補充もあまり意味がないので併用する必要がないようです。


婦人科にいけば早く救われることもある

婦人科にいけば、もっと早く相談しておけばよかった!というくらい、不定愁訴や体調不良から解消されるケースもあります。何より不定愁訴や不調を抱えていることで日常生活がままならなくなることもあります。


自分で出来ることはやったけれども、やっぱり体調悪いな、というときは婦人科へ相談することをおすすめします。


だからね、更年期を怖がらなくていいんで

肩こりとか腰痛頭痛、むくみ、ほてりで毎日の養生でどうにかしたい、という人は、私の漢方茶を試されても良いと思いますし、漢方薬やサプリを飲んでもいいと思います。


とにかく、私が言いたいのは、西洋薬を恐れすぎて摂らない弊害と、摂って穏やかに暮らせる日々であれば後者をとってほしい、ということです。


私達は今を生きているんですから。


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page